検査技術

お客さまのご要望に、高い品質でお応えできるように
事業活動をベースに据えた人づくりを行っています。

主な保有資格

充実した人材養成を的確な指導要領に基づき行うことにより、
多数の各種資格者を輩出し、高度な検査員の育成に努めています。

●指定保安検査機関 統括保安検査員・保安検査員
●KHK認定検査事業者 認定検査員
●高圧ガス製造保安責任者
●非破壊試験技術者(JSNDI)
●圧力設備診断技術者
●ボイラー整備士
●消防設備士

●危険物取扱者
●X線作業主任者
●日本溶接協会 溶接管理技術者
●管工事施工管理技師
●電気主任技術者
●電気工事士

ページトップへ

主な検査機器

●中性子水分計

●ビデオスコープ(内視鏡)

●放射線透過試験装置

●肉厚測定器

●超音波探傷装置
●磁紛探傷試験槽
●放射線透過試験装置
●ガス検知器

 

ページトップへ

技術技能競技大会

技術技能競技大会とは、全国各事業所から選抜された検査員が、非破壊試験の学科試験と実技試験それぞれの総合得点により競うものです。

実技試験では、欠陥の検出技術はもちろんのこと、検査に臨む姿勢や態度も評価されます。

当社ではこのような、競技大会を毎年実施し、検査員一人一人の検査技術の向上を図っています。

ページトップへ

若手リーダーシップ研修

若手のリーダー候補を対象に、組織の中で円滑に仕事を進めるためのコミュニケーション力と部下・後輩を指導するための基本的な考え方を育成します。

組織内でのコミュニケーション、人間力育成を中心に研修し、多様な関係者を巻き込みながら仕事を進め、価値観・視点の違いを乗り越え、信頼されるリーダーになるように育成する研修です。

ページトップへ

検査員研修

指定保安検査機関の統括保安検査員・保安検査員としての役割と責任、高圧ガス設備の検査を実施するために身に着けておかなければならない、適用法規、検査技術、高圧ガスの物性、その他の事項について、社内外の講習会等で検査員の階層に適したカリキュラムを組み、システマティックに展開しています。

お客様のニーズにおこたえできるよう、日夜自己研鑽に励んでいます。

ページトップへ